So-net無料ブログ作成
オルビス 通販 キャンペーン 情報 オルビス(ORBIS)の化粧品等は、ネット購入がオススメです。 オルビス化粧品のネット通販は、ウェブ限定価格で1品からでも送料無料です。 しかも、初回の方限定の特典付に加えて 最大700円の値引きサービスもついてます。 WEB通販限定キャンペーンは随時実施してますので、 この機会に確認してみてください!

【クリアミニセット】 オルビスの大人気・大人ニキビ用スキンケア化粧品で、発売以来2,400万個以上の販売実績の『クリアローション>』限定キャンペーンです!

【アクアフォースミニセット】 発売以来1,900万個以上の販売実績をもつ、大人気の基礎化粧品「アクアフォース」を手軽に始められる「洗顔」「化粧水」「保湿液」が約3週間分入ったお得なミニセットです!

【エクセレントエンリッチシリーズ】 ハリと弾力を生み出す肌のメカニズムに着目した、オルビスのエイジングケアの頂点が誕生。リッチなうるおいを体験できるスキンケアです!

【クリアボディローション】 胸元や背中の気になるニキビケア用の医薬部外品の「クリアボディローション」。和漢植物由来の有効成分がニキビや肌荒れを防ぎ、ニキビ跡もしっかりケアします。また、逆さでも使える便利なボトルだから、お手入れのしにくい背中ニキビのケアも楽々です。シュッとひと吹きするだけの簡単ケアで、つるつるでクリアな素肌へと導きます。

【クレンジングリキッド】 抜群のクレンジング力と無油分ならではの心地よい使用感が大人気の「クレンジングリキッド」。その秘密は、成分の30%以上が保湿成分というモイスチャーベース処方。まるで美容液のようにやさしい洗い心地です。また、洗浄力の高い植物性洗浄成分が少量でもあっという間にメイクになじむので、肌に負担をかけることなくするっとメイクを落としてくれます。

【スムースマットベース】 ひと塗りで毛穴を隠してくれると大人気の「スムースマットベース」。女性なら皆が気になる毛穴を、光と色のダブルの補整効果で、瞬時にカバー。オルビス独自の100%オイルカット処方なので、仕上がりはさらさらで使い心地も抜群。ファンデーションの前に使えば毛穴レスな美肌を演出します。

【プチシェイク】 発売以来1,000万個以上売り上げた、1日の3食のうち1食をおきかえるだけの簡単ダイエットです。大人気の秘密は、その美味しさと手軽さ。果実を贅沢に使ったデザート級の美味しさと、牛乳をまぜるだけの手軽さで美味しく簡単と大好評です。

エイジングケア:抗酸化に効果的な成分と食べ方

抗酸化の基本は食事から
肌サビの原因となる活性酸素を防ぐには、抗酸化物質を含む成分をとることが重要に

なっていきますので、まずはどんな成分に抗酸化作用があるかを紹介しましょう。

ビタミンCやビタミンE、βカロチンは良く知られていますが、その他にも、

植物に含まれるポリフェノール類、カテキンといったものも、代表的な

抗酸化物質として挙げられます。亜鉛、セレンといったミネラル類も、

体内の抗酸化酵素を活性化させる効果があります。

また、最近ではスイカやトマトに含まれるリコピンと呼ばれる成分が、

抗酸化作用を持つ成分として注目されています。

▲抗酸化物質が含まれる食べ物とは?
ビタミンCはレモン、イチゴといった果実や、緑黄色野菜に豊富に含まれています。

ビタミンEはピーナッツやゴマ、うなぎにも含まれるので、それらを食べることで

摂取することができます。ポリフェノールは赤ワインやコーヒーなどに

含まれているのは良く知られているかと思いますが、お茶にも

含まれています。お茶には同じく抗酸化作用のあるカテキンも

含まれているので、迷ったらお茶を飲むのが

賢い選択だと思います。

また、加工食品は製造過程で亜鉛などが排出されてしまうので、現代人はどうしても

ミネラルを補充することも大事なことです。

▲よく噛むことが抗酸化につながる
どうしても食べるものばかり気にしてしまいがちですが、抗酸化としては実は効果的なのが、

よく噛んで食べることだと言われています。

唾液に含まれる酵素に、活性酸素の発生を抑える働きがあると言われていますので、

よく噛み唾液をだすことで、酸化を防ぐことができるのです。また、噛むことで

満腹感も生まれて食事量を抑えることができるので、消化不良によって

おこる体内の酸化も防げますし、肌のたるみ防止にもなります。

時間がない社会人にとっては、食事は手早く済ませたいでしょうが、少しだけ良く噛んで

食べることを意識してみるとよいのではないでしょうか。


スポンサーリンク


間違った鼻の角栓ケア

毛穴パックの罠とは?
毛穴グッズの中で圧倒的な人気を誇る、主に鼻用に作られた毛穴パックですが、

手軽なのはもちろんのこと、その最大の魅力はなんといっても、効果が目に

見えて分かるところですよね。剥がしたパックにびっしりとくっついている

角栓を見て、病みつきになってしまった人も多いはずです。

しかし、毛穴パックは角栓のみならず、毛穴周囲の角質層も一緒に剥がしてしまいます。

角質層は(1)お鼻の水分を保持する役割(2)お肌をアレルゲンなどの異物から守る

役割の2つを担っているので、角質層が剥がされると、以下のような状態になります。

・水分の保持と外部刺激から自ら守るために、皮脂が余計にたくさん分泌されます
・角質層を厚くしようと、角化が早まり、余計角栓が出来やすくなります

角栓は、皮脂と角質が凝縮してできるものですから、皮脂分泌が増え、角化が早まれば、

当然角栓はさらに出来やすくなってしまいます。

傷ついた角質層と、開いた毛穴が引き起こすトラブルの数々
確かに毛穴パックで角栓の汚れはとれるので、一時的にスッキリします。しかし、上述の

ように角質層が傷つき、水分を保持する能力や、外部からの刺激に対してのバリア

機能が大きく低下してしまっています。

そのため、紫外線に弱く、シミやシワが出来やすくなったり、アクネ菌などが増殖し、ニキビや

吹き出物ができてしまうようなこともあります。

また、皮脂の分泌や角化が早まっているところに、毛穴がぽっかりと開いているので、

汚れが溜まりやすく、すぐにまた角栓に悩まされることになるのです。

これは毛穴パックだけでなく、指や器具で毛穴をおしあげて角栓を

とるような方法にも同じことが言えます。

そのため角栓が気になったら、肌に負担をかけない方法でケアをしていくことが必要です。

■毛穴ケアの基本は、無理にこじ開けないこと
毛穴ケアで大事なのは毛穴を無理にこじ開けたりせずに、自然に開かせることが重要です。

蒸しタオルを顔に当てて、毛穴が開くのを待ってから、細かく泡立てた泡で洗顔をすると、

角栓が溜まりにくくなります。

角栓が気になる場合は蒸しタオルで顔を温めた後にオイルを使う方法もありますが、

マッサージの摩擦によって角質層を傷つけてしまうと、毛穴パック同様の結果に

なりますので、力を入れずに優しく撫でるようになじませてください。


スポンサーリンク


舌ケアで爽やか口内美人に

[かわいい]油断していると口臭の原因にもなります。
舌ケアで爽やか口元美人に

舌の汚れが口臭の原因に[exclamation]
鏡で舌を見たときに、表面の白さが気になったことはありませんか?舌の表面についている

白いコケのようなものは「舌苔(ぜったい)」といい、食べかすや細菌、

唾液の成分などがついたものです。

健康な舌は、全体がピンク色で、表面にうっすらと舌苔がついている状態です。しかし、この

舌苔が多すぎると、食べかすや雑菌が合わさって

口臭の原因になってしまうことがあります。

▼キレイな舌をキープするためのケア法とは?
舌をキレイにするには、舌ブラシや舌クリーナーでのケアを行いましょう。まずは鏡で

舌苔のついている場所を確認。そして、舌ブラシなどで奥から手前に引くようにして、

余分な舌苔を取り除きます。「オエッ」となる人は、

数秒間息を止めながら行うと楽ですよ。

また、この時気をつけなければいけないのが、決して力を入れて擦らないこと。強く擦り

過ぎると、舌にある味覚を感じるための味蕾(みらい)細胞を傷つけてしまう

恐れがあります。舌苔が多くなるのは朝起きてすぐなので、

朝1回、優しくケアを行うようにして下さい。

▼ここに注意!ケア法を間違えると口臭が悪化する?
舌のケアをしたいけれど、専用の舌ブラシや舌クリーナーがない…。そんな時、つい歯ブラシで

舌を擦りたくなりますよね。でも、舌の表面はとてもデリケートなんです。かたい歯ブラシで

擦ると粘膜を傷つけ、雑菌の繁殖を招いて口臭が酷くなる可能性が。

また、味蕾細胞が傷つくことで、味覚障害を引き起こして

しまうこともあるのです。

もし専用の舌ブラシがない場合は、歯ブラシは使わず水に濡らしたガーゼや綿棒で

代用してください。力は入れず、優しく3回程度擦ればOKです。

舌苔が多くて気になる場合も2~3日ケアを行えば、徐々にキレイな舌になっていきます。

その後は1週間に1度を目安にお掃除をして、爽やかな口元をキープしましょう。


スポンサーリンク


Copyright © オルビス 通信販売 キャンペーン & 美容 豆知識 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。